2005年07月16日

ショコラ

2000年公開

■出演
ジュリエット・ビノシュ/ジョニー・デップ/ジュディ・デンチ/キャリー=アン・モス/レナ・オリン/レスリー・キャロン 他

■内容
フランスの小さな町に、流浪の母娘がふらりとやってきて、チョコレート屋を開いた。
季節はまさに断食のとき。禁欲を強い、伝統を守ろうとする指導者の反感を買い・・・


チョコレートの美味しさに心を引かれ、心を開いていく街の人たちと、それを苦々しく見て「自分のやってきたことは間違っていたのか」葛藤する街の指導者とのすれ違いがあからさまで観ていて面白いです。
指導者に頭が上がらない神父さんも可笑しくてグーです。

流浪のジプシーを演じるジョニーデップは、ギターを弾く姿がかっくいい!
すばらしいスパイスで作品を味付けしています。ミミズのくだりも最高!

とても良い映画です。
見た後は、絶対にチョコレートを食べたくなる映画です!


サントラCD
ショコラのサントラ版。一曲目のminor swingは、ジョニーデップ本人のギター演奏だと言われています。ファンは買うべし。そうでなくても良いアルバムですし!

原作本
ショコラの原作です。
街の指導者の伯爵は原作では司祭。ジョニー扮するジプシーは若干臆病者、などいくつか違いがあり、楽しめます。
もちろん英語の本なのですが、文学的な表現や単語は無視して、ガンガン読んでも、話は拾えるので十分楽しめます。
指導者たる司祭の心の揺れ動き、街の人々の様子の描写が映画より丁寧で見事。
たった1200円なので、買って損はありません!

原作本の日本語訳版はこちら!
ショコラ 角川文庫文庫版680円
ショコラ BOOK PLUS単行本1050円
 
 

人気blogランキング | Comment(2) | TrackBack(0) | MOVIEs
この記事へのコメント
こんにちは。
「ショコラ」原作本の日本語訳はあるのでしょうか? 英語のセンスがなく、中々読みきれる自信がありません。
この作品のディップの役は不思議ですが、彼は大変不思議な役が多いので余り気になりませんでしたが、やはり他の俳優がやったらちょっと異様ですね。

トラバの際の注意を確認せずに幾つかの記事にトラバしてしまいました。お手数ですが、ご迷惑でしたら削除してください。
Posted by turtoone at 2005年09月11日 18:12
コメントありがとうございます。
原作本で満足していたので日本語訳について調べてませんでした。
角川書店さんから発売されているようです。

本文にも載せましたが、「ショコラ」「ジョアン・ハリス」で検索できると思います。ぜひ読んでみてください。
Posted by SHO at 2005年09月12日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

※このサイトは、トラックバックの一方的な貼り付けをお断りしています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。