2005年07月13日

夜になるまえに

2000年公開

■出演
ハヴィエル・バルデム/オリヴィエ・マルティネス/ジョニー・デップ/ショーン・ペン/マイケル・ウィンコット 他

■内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
実在した亡命作家、レイナルド・アレナスが最後の一瞬まで綴った自伝を、ジュリアン・シュナーベル監督が映画化。独裁政権下で投獄、亡命、自殺を遂げ、天国と地獄を行き来するような波乱に満ちたアレナスの人生を、官能的な映像美で綴った感動作。

ホモセクシャル、カストロ政権、弾圧、亡命、エイズ、さまざまなキーワードに形容される彼の生き方が彼を芸術家たらしめたのでしょうか。
実在した作家の生涯をときにドラマティックに、ときに淡々と描いた感動作です。

ジョニーデップは、美しい士官役と、妖艶なオカマ役で出演。最初、士官はデップに似てるなーと思って観ていたら、二役なんですね。
出演は一瞬ですが、きらりと輝く存在感。さすがです!
 
 

人気blogランキング | Comment(0) | TrackBack(0) | MOVIEs
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

※このサイトは、トラックバックの一方的な貼り付けをお断りしています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。